ママは半人前!

国際結婚、子育てなど日々の色々、いつか娘に伝えたい事を書き綴ってます。

たし算は何歳から?子供にたし算を教えた方法を紹介!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

f:id:babyintokyo:20210811232159p:plain

先日、足し算を教えてみた話をしました。

 

〇〇ちゃんがイチゴをX個食べました。
〇〇くんがイチゴをY個食べました。
全部で食べたイチゴは何個??

 

といった感じで会話をしながらだと、たし算の概念は理解できるものの、
数式になると途端に難しく感じちゃいますよね。

 

市販のドリルで、もうすぐ5歳の娘とたしざんをやってみたので紹介します。

 

前回の記事はこちら。

babyintokyo.hatenablog.com

 

 

 

幼児向け たし算のドリル

 

今回はこちらの七田式の市販ドリルを使ってみました。

 

七田式・知力ドリル【4・5歳】たしざんひきざん (七田式・知力ドリル4・5さい)

七田式・知力ドリル【4・5歳】たしざんひきざん (七田式・知力ドリル4・5さい)

 

最初から数式ではなく、まずは数を分けるという概念から入っています。
これができると、のちのち引き算を勉強する時にも助かりますよね。

 

←例えば、15−7=○ の問題を解くのに、15を10と5に分け、10から7を引き、最後に3と5を足すという考えに導くことができます。

 

f:id:babyintokyo:20210713231115j:image

 

こちらのたし算の一歩手前の数を分ける問題ですが、やっぱりまだまだ子供には紙と言葉で説明するだけは難しかったようです。

 

隣で私の指を使って説明をしながら、分けた数を導き出すことでなんとか理解できたような気がします。

 

 

たし算の数式の問題をどう教える?

 

これが最大の難関だったのですが・・・(笑)

ついに数式が出てきました。

f:id:babyintokyo:20210713231110j:image

 

前回の記事でも紹介したのですが、お風呂にたし算のチャートポスターを貼っています。

なので数式にアレルギーはないようですが、実際に答えを導き出すのはハードルが上がりますね。

 

 

写真にも写っていますが、小学校で使う算数セットのおはじきの代わりになるものがなかったので、とりあえずブロック(レゴデュプロ)を使って説明しました。

 

 

おはじきやブロックを使って子供に足し算を教える

 

f:id:babyintokyo:20210705185013j:plain

 

うちではまず、目の前からドリルを片付けました(笑)
←できないとヘソを曲げて「やめる!」と言い出すので・・・

 

まずは最初に、言った数字の数のブロックを、ゲーム感覚で目の前に並べてもらいました

 

これだと簡単にできるので、どんどんいろんな数字を言って楽しそうにやるようになるまで続けるとその後がスムーズだと思います。

 

子供が「こんなの簡単だよ〜!」って言い出したら、チャンス!!(笑)

 

 

「じゃ、2は??」(子供に2つのブロックを並べさせる)
「じゃ、3は??」(子供に3つのブロックを並べさせる)
「じゃ、これは全部で何個??」

 

 

という感じで、足し算に移行してみました。

 

目の前にブロックがあるので、数が数えられれば間違うことなく答えを出すことができます

最初は5以下の数字、次に10以下の数字で慣れるまで繰り返すとその後が楽です。

 

何度やっても間違えることがなくなったら、ドリルに再チャレンジしました。

f:id:babyintokyo:20210713231110j:plain

 

数字を指差しながら、4は??3は??とブロックを並べさせて、「全部で何個??数字をここに書いてみて!」という同じ流れでやったら、自然と答えがちゃんとできました。

 

答えを確認するときに、数式を指差しながら「4 と(+)3 は全部で(=)7だね」といった感じで、今のところ根気強くやっています。

 

数式までは自分でかけなくても、とにかくたし算の概念は理解ができたようです。

 

 

英語で足し算を教える方法と感想

 

もうすぐ5歳ですが、子供って思っているよりもいろんな事を理解する頭は持っているんだなぁと思います。

 

ただ数式になったり、言葉で説明しようとするととても難しいですね。

 

公文式とかもそうですが、難しくないものを何度も何度も繰り返しやることで身につくことも多いので、一度理解をしたら根気強く取り組むのがいいんでしょうね。

 

ちなみに私の英語の練習のためと、同じことをひたすら繰り返すのも飽きるので、同じことを英語でも教えてみました。

 

たし算を教えるときに使う英語は、下の記事を参考にしてみてください。

mama-beauty.hatenablog.com