ママは半人前!

国際結婚、子育てなど日々の色々、いつか娘に伝えたい事を書き綴ってます。

【子供と家庭菜園】おすすめの野菜やメリット・デメリット

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

f:id:babyintokyo:20210609234144p:plain

 

去年の春もコロナで緊急事態宣言があり、
今とは違って保育園も閉園していたのでおうち生活をしていましたよね。

 

コロナ自粛生活の時、室内遊びのおすすめなどの記事はこちら。 

 

babyintokyo.hatenablog.com

babyintokyo.hatenablog.com

 

 

そんなこともあって、去年の春から家で野菜を作るようになりました。

 

これからは毎年GWに苗を植えようかなと思っていますが、
空いたスペースで少しですが家庭菜園を始めて2年目。

メリットやデメリット、おすすめの野菜などを紹介しようと思います。

 

 

家庭菜園のメリット・デメリット

子育て関係なく、家庭菜園をやっている人は多いのかな?と思いますが、
うちは子供にとってのメリットを大きく感じることが多く
今年も続けることにしました。

 

当然ながら、メリットもあればデメリットもあるので少し気づいたことをまとめてみました。

 

家庭菜園のメリット

いくつかあるのですが、子供と一緒にやるという観点からのメリットを中心に紹介します。

 

  • 野菜を食べるきっかけになる。

  子供って野菜をあまり食べたがらないですよね。毎日お水をあげたり、
  成長の過程をみたりすることで、食べてみよう!って流れに持って行きやすいです!

 

  • 水やりのお手伝いをさせる。

  家の中で自分の責任で何かをこなすことはまだまだ少ないですが、
  毎朝お水をあげる仕事を与えることで、責任感が出てくれたらいいなと思っています。

 

  • 植物図鑑をみたり実がなるまでの過程に興味を持つ。

  これまではスーパーで並んでいるものを買っていましたが、
  お店に並ぶまでにどのくらいの期間がかかってできているのか、
  食べられる形になるまでどんな成長過程を辿るのか・・・
  子供なりに得るものがあるようです。

 

  • 食べ物や作り手・農家さんへの感謝の気持ち

  毎日水やりをしたり、虫から守ったりしながら時間をかけて育てることで
  作り手の苦労を知ったり、感謝の気持ちを持ってほしいなと思います。

  また残さず食べようと子供なりに感じることが増えたようです。

 

家庭菜園のデメリット

次はデメリットについて紹介します。

  •  虫が増えるので、対策が必要。

  これは致し方ないことなのですが、植物には必ず虫がやってきます。
  特に夕方には蚊も増えるので、玄関周りなどには対策が必要です。

 

  • 旅行などに行くときに水やりに困る

  去年と今年は長期で旅行に行くことはありませんが、
  うちは旦那の実家に行くときには海外になるのでどうしても長期で
  家を開けることになります。
  今まで結構植物は枯らしてきたので、旅行に行くときは覚悟が必要です。

 

  • 苗やプランターや土、肥料などを買い揃える費用

  プランターは毎年使えますので、一度買えば良いですが、
  土は連作障害がある野菜もあるので、毎年苗の他に少し費用がかかります。

  簡単にたくさんとれる野菜を作れば、野菜のお金が節約できるので
  楽しさも考えるとそんなに高い感じはありませんが。

 

 

家庭菜園におすすめの野菜

去年やってみて、簡単だった野菜を今年もリピートしました。

一番のおすすめは、ミニトマトときゅうりです。

 

ミニトマト

ミニトマトは家庭菜園の初心者向けの定番ですが、
鉢でもたくさんの実がなりますし、最近は品種改良されているのも多いので、
そんなに剪定などにも拘らなくても美味しいミニトマトがたくさん取れます。

 

また天候や暑さにも強いので、少し日が当たればそれなりに育つのもいいですよね!

f:id:babyintokyo:20210609223306j:plain


こちらはGWに植えたミニトマト、もうすでに緑色の実が鈴なりにどんどんついて、
毎朝、娘も楽しみにしています。

 

きゅうり

去年、初めて作ってみたのですが、緑のネットを使って絡ませたり、
うちのようにラティスに絡ませる方法もありますが、
本当にグングン成長して、あっという間に身をつけてくれます。

 

 

f:id:babyintokyo:20210609223258j:image

 

きゅうりは、朝出かける前と夕方帰宅したときに、明らかに成長しているのがわかるほどのスピードで大きくなるので、一度実がなり始めたらほぼ毎日採れたてのきゅうりが食べられます(笑)

 

去年は4つの苗を植えて、途中で飽きて食べきれないものもあったので、今年は2つにしました。

水がたっぷり必要なので、大きめのプランターで育ててあげるとグングン成長するので、
娘も毎日、「今日は帰ったら、このきゅうりを食べる!」って楽しそうに観察しています。

 

 

その他の野菜 

今年は他に、ナスとパプリカ、季節外れですがイチゴを育てています。
ナスは肥料を食うので、ちょっと育てるのが大変と言われてるのと
1個だけ実がなっても、なかなか料理するのが難しいですよね(笑)


こちらはまた実がなったら紹介します。

個人的にはそのまま食べられる野菜が一番いいかな?と思っています。

 

まとめ

今日は、晩御飯にきゅうりを食べましたが、本当に採りたてはみずみずしくて美味しいです!
娘も自分で作ったからか、普段はそんなに食べないのに、張り切って食べてくれました。

3歳の去年はあまり興味がなさそうにしていましたが、
今年は図鑑の効果もあったのか、去年よりだいぶ娘の反応が違います。

虫がついてしまうこともありますが、葉っぱを虫が食べること、
美味しそうなものには自然界の生き物も寄ってくること、
子供なりにたくさん学ぶこともあるようなので、やってみてよかったです。

ちなみに、植物と昆虫の図鑑はこちらを買いました。
どちらも、英語と日本語で再生できるBBCのDVDがついているのと
ページ内をスマホにかざすと映像で見れたりと、今の図鑑はすごいですね!!

 

f:id:babyintokyo:20210610001041j:image

図鑑はあらためて詳しく紹介しますが、
家庭菜園は美味しい野菜が食べれるし、特に都市部にいるとなかなか畑を見たり、自然に触れる機会もないので、子供にとってはすごく良い経験になるのし、楽しくて美味しいのでおすすめです!