ママは半人前!

国際結婚、子育てなど日々の色々、いつか娘に伝えたい事を書き綴ってます。

現実と空想の区別がつくのは何歳から?

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

f:id:babyintokyo:20210413222531p:plain

 

アニメや漫画、ゲームは、世界でも認知度の高い日本の産業の1つで、
子供の頃、慣れ親しんで育った人もきっと多いと思う。

 

大人になっても楽しめるコンテンツが本当にたくさんあり、私も未だに気分転換にアニメを観たり、懐かしい漫画を読んでいます。

 

ところで、このアニメや漫画、ゲームはフィクションであるということを、私たちはいつから知ってたのだろうか?

 

もしくは、私たちは、いつ、そのことに気づいたのか?

 

そんな事を考えるきっかけの出来事があったので、今日はそれについて書いてみようと思う。

 

 

 

事の経緯

 

少し前に、娘とプリキュアの映画を観に行った。

 

その時の記事はこちらを!

babyintokyo.hatenablog.com

 

 

その帰り道に、娘がプリキュアの新シリーズ、トロピカル〜ジュ!の変身アイテムであるコンパクトを欲しがった。

 

一瞬迷ったものの・・・、娘が

「大きくなったらプリキュアになりたい!」

と言ってる事もあり、買うことにした。

 

買ったのはこれ ↓


f:id:babyintokyo:20210328182728j:image

 

f:id:babyintokyo:20210328182810j:image

 

なぜ買うのを一瞬迷ったかといえば、じつは前シリーズ、スマイルプリキュアのコンパクトも買ったのだけど、未だ全く遊ばず…

そしてまた今回も同じことが起きました(笑)

 

 

↓前回買ったスマイルプリキュアのコンパクト。

f:id:babyintokyo:20210407222203j:image

 

 

前回のスマイルプリキュアのコンパクトは、旦那が娘にせがまれて買ったものなのだが、

 

ある朝、娘から私はこんなことを言われる。

 

娘「ママ。これ壊れてるの・・・」

(コンパクトを手に取ってみてみる…)

 

私「ん??壊れてないよ?」

 

娘「壊れてる!!!!

だって◯◯ちゃん、プリキュアに変身できないの!!

 

私「…。」

 

これはどうしたものかと悩んでいると…

 

娘「パパが買ったから、壊れてるんでしょ。

ママが買えば大丈夫だよ、きっと!

今度ママが買ってね♡」

 

そのまま時が流れ、今回のコンパクト購入に至ったわけだ。

 

 

自宅に帰り、新しいコンパクトを組み立てて手渡すと、少したってから・・・

 

娘「これもプリキュアになれない!!!
もう一個買ったのに、どうしてダメなの??…」

 

これには正直、参りました。


何と言っていいかわからず、
とりあえず「頑張ろうね!」←ちょっとよくわからない慰めww
と、娘をハグするしかありませんでした。

 

 

自分が子供の頃や他の同年代の子供たち

 

この日、旦那と話をしました。

私「ねえ、子供の頃、スーパーヒーローごっこをしていても
実際は変身できないって、知ってたよね??

 

旦那「うん。真似事はしていたけど、
変身した気で悪者を退治してた

私「そうだよね…。」


私もミンキーモモとかクリーミーマミの←年代がバレるw
変身ステッキを持っていたけど、なりきり??、想像で補って遊んでいた。

実際にクリーミーマミになれない事は、心のどこかでわかっていたんだよなぁ・・・

 

同年代の仮面ライダーのベルトで遊んでいる子のママにも聞いてみた。

ママ友「ベルトは欲しがったけど、
何にも疑問を持たずに遊んでるよ~」


私「変身できない!って言わなかった?」

ママ友「特に何も言わなかったね~」

 

この差はいったい何なのだろうか???

 

現実と空想の区別ができるのは何歳から?


ネットで色々しらべてみたら、興味深い記事が見つかった。

kodomo-manabi-labo.net

 

これによれば、子供は絵本の話を通じて、絵本の世界を体験しているとの事。

 

概ね6歳くらいまでは、絵本の世界の出来事を
本当のことのように思う子も普通にいるのだそうだ。


また広島大学の杉村伸一郎教授が2011年に「幼年教育研究年報」に寄稿している
「幼児における空想/現実の区別課題の検討」によれば、


空想的な絵、例えば動物がバスに乗っていたり、
怪獣や魔法使いと云った架空の絵の場合には、
半数以上の子供が「現実には起こり得ない」と判断できるが、

 

現実の絵、例えば子供がおもちゃで遊んでいる、
ウサギが草を食べているなどについては
「現実に起こり得る」と判断する子供が多かったとの事。

 

ご興味のある方はこちらを読んでみてください。

https://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/3/33676/20141016194228371277/AREC_33_49.pdf

出典: 杉村伸一郎「幼児における空想/現実の区別課題の検討」(2011年)

 

 

このことから4歳(年中)の娘の年齢で、
かつプリキュアは前述した論文の中に出てくる
普通の女の子の現実の絵(映像)である事から、
「現実に起こり得る」と判断していても
なんらおかしくないという事になるんだな…と妙に納得。

 

でも悪者とかは、やや空想の世界な気もするが…(笑)

 

 

子供の頃の私の将来の夢

 

これを書いている時に、ふと思い出したことがあった。

幼稚園児の時、毎年「誕生日の本」
というのを幼稚園からもらっていた。
細かいことはよく覚えていないが、
そこには手形と身長・体重、将来の夢を書く欄があった。

 

多分、年中の時だと思うが、
その本に私の将来の夢を書くため、先生から
「大きくなったら何になりたいの?」と聞かれた。

 

これは本当に凄く鮮明に記憶に残っているのだが、
私はこの時サンリオのキャラクターの
「キキ・ララ」になりたいと思っていた。

 
でも心のどこかで、すごーく恥ずかしくて、
それを先生に教えるのに、かなりの時間を要した。


恥ずかしくて恥ずかしくて、やっとの勇気を振り絞り
担任の先生の耳元で小さい声でそっと教えた。



この話が、今までの話にどう関係するかと云うと…


2004年に現・三重大学教育学部の富田昌平教授の書いた論文
「幼児期における「将来の夢」と空想/現実の区別認識」によれば、

テレビキャラクターや動植物など、不可能な夢をあげる子供が
4,5歳児に多く(60%、33%)6歳児では殆ど見られない(10%)。

またテレビキャラクターの場合
4歳児で79%、5歳児で71%、6歳児で45%
「なれる」と回答している。


ご興味のある方はこちらを読んでみてください。
https://core.ac.uk/download/pdf/222936725.pdf

出典: 富田昌平「幼児期における「将来の夢」と空想/現実の区別認識」(2004年)

 

何が言いたいのかと云うと、
娘が「変身できない!」と言うのと
さほど変わらない事を私も同じ年齢の時にしていたという事(笑)

 

血は争えませんね~(笑)

 

まとめ

最初は「うちの子大丈夫かな?」って感じで書き始めたのですが、
よくよく考えたら、私の鮮明な記憶って、年中くらいなんですよね。


冒頭で、私は旦那に
実際は変身できないって、知ってたよね??
と聞いていますが、確か旦那の記憶がしっかりしているのは
6歳か7歳と言っていた気がします。
そして私も年中(4、5歳)以降…(笑)

多分、私たちが「変身できない」って知ったのは、
今の娘よりも後の事だったんじゃないかと思います。

こうして考えると、人の記憶って適当ですね。
思い込みは良くない、本当に(笑)


私は他の人に比べると幼い記憶までが残っていると思うけど、
思い出そうとすれば、クラスメートやどんな遊びをしたとか、
どんな劇をやったとか、誰が何役をやったかとかまで
幼稚園の日々の記憶はかなり鮮明に今も残っている。

そして、あの誕生日の本に書いてもらった将来の夢の後日談なんですが、
近所の2歳年上の仲良くしてもらっていたお姉さんに、
かなーり笑ってしつこくバカにされました(笑)

ちなみにそのお姉さんは、同じ歳の時に将来の夢を
「おせんべいやさん」と書いてました(笑)


「おせんべいやさん」VS.「キキ・ララ」・・・
自分が子供じみているのが恥ずかしくて、恥ずかしくて…
心のどこかではわかっていたけど、その時に
「キキ・ララちゃんには、やっぱり慣れないんだ…」
と現実を悟る事になり、少し大人になったのでした。