ママは半人前!

国際結婚、子育てなど日々の色々、いつか娘に伝えたい事を書き綴ってます。

ミッフィーのカフェレシピBOOKを買ってみました!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

少し前に見かけたムック本、ミッフィーのカフェレシピBOOKを買ってみました!

 

娘がミッフィーが好きで、うちは食器類もほとんどミッフィーでそろえています。

これを使って色々作ったら喜んでくれるかなぁ…と速攻でポチッとしました!

 

 

ミッフィーのカフェレシピBOOKの中身

 

写真は付属品を出して撮影しました。

f:id:babyintokyo:20210310124815j:image

 

本には、ミッフィーのレシピBOOKと、ステンレス製のセルクルとプラスチックのステンシル2枚が入っています。

 

セルクル


セルクルのサイズは、ミッフィーの顔が上から下までで約8cm、顔の一番広い所が6cm行かない位です。

f:id:babyintokyo:20210319205045j:image

子供が使うにも、食べるにもちょうどいい大きさでした。

 

型抜きとしても、焼き型としても使えるようで、オーブン、トースター 、グリル 、ガス台 、電磁調理器、電気オーブンに使用可能とありましたが、IHは熱くなっているのがわかりづらいので火傷に気をつけるよう、また冷蔵庫は食材を入れたまま長時間放置するとサビの恐れアリとの注意書きがありました。


直火、電子レンジ、食器洗浄機、食器乾燥機は使用NGだそうです。

ステンシル

ステンシルはセルクルの中の顔のパーツが書けるタイプと、ミッフィーの絵が作れるタイプの2種類が入っていました。

 

基本的にデコレーション用なので、調理に使う事はないと思いますが、ステンシルの耐熱温度は80℃、耐冷温度は-20℃とあったので、調理器具に入れたり冷凍庫にいれたりはせず、普通に使用する分には問題なさそうです。


レシピBOOK

中にレシピブックがついていますが、それほど種類は多くありません。←というか、これはぶっちゃけ全く期待しない方がいいです(笑)

結構時間がかかったりするものも多いので、私は参考程度にしてこのレシピをそのまま作る事はないかな…と思います。

 

到着した当日にちらっと中を見ていたら、案の定、娘がどうしても作りたがったので、少しアレンジして簡単なものを作ってみました。

 

アレンジレシピ

表紙に出ていたケーキっぽいものを、家にあったもので娘と作ってみました。

 

用意するもの

・食パン(イギリスパンだとギリギリミッフィーが2枚とれました)

・ココア少量(ミッフィーの顔のステンシルを使う用)

・ヨーグルト

・フルーツ(うちは冷凍のベリーを解凍して使いました)

 

作り方

①セルクルで、1個のケーキにつき上下分、2個のミッフィーを型抜きします。
(子供の力だと綺麗に抜けない時もあるので、一緒に押すのを手伝ってあげるか、抜く前にギュギュっと仕上げをしてあげた方がいいです)


f:id:babyintokyo:20210310124750j:image

 

②必要枚数分用意ができたら、綺麗に抜けなかったものを土台にします(笑)

(上の1枚は耳がもげてます(笑))


f:id:babyintokyo:20210310124808j:image

 

③一つずつセルクルをもう一度はめて、ヨーグルトを全体に伸ばします。


f:id:babyintokyo:20210310124753j:image

 

④フルーツを盛り付けます。


f:id:babyintokyo:20210310124811j:image

 

ミッフィーのパンで蓋をし、セルクルをそうっと上に抜く。

(水抜きもしていないヨーグルトで作ってしまったので、結構崩れそうでした(笑))

 

⑥ステンシルをのせ、ココアを上から振ってミッフィーの顔を作り完成!
(うちは製菓用のふるいなどがなく、少量のココアをステンシルの上に乗せ、スプーンで伸ばしましたw)


f:id:babyintokyo:20210310124746j:image

 

まとめ

子供が作っても、比較的簡単にそれっぽくなるので、このキットは本当にありがたいです!ただレシピがイマイチなのを考えると、ちょっと金額は高いかな…。

うちは以前、ミッフィーのご飯を抜く型を買ったのですが、それだと少し大きくてあまり出番がなかったので、サイズが気に入りました。

 

↓以前買った、カレーの御飯の型。大人の一人前くらいの量が入ります(笑)


買ってその日のうちに子供が喜ぶものをササっと作れることを考えると、このカフェレシピBOOKは、ミッフィー好きのお子さんがいる方は買って正解かなって思います。