ママは半人前!

国際結婚、子育てなど日々の色々、いつか娘に伝えたい事を書き綴ってます。

ドラゴン桜2の新シリーズが待ち遠しい!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ドラゴン桜、懐かしいですよね。

 

つい先日、ボス恋が終わってしまい、本当にロス気味なんですが…春のドラマシーズンは「ドラゴン桜」を楽しみにしようかと思っています!

 

昔、「ドラゴン桜」がドラマ化された時は、金曜の夜に放送されていたのは覚えていたのですが、調べてみたらテレビ放送された当時は2005年7月~9月とあったので、もうかれこれ16年前ですね(笑)

 

私は塾も予備校も行った事がなかったので、このドラマを観ながら「もっと早く知っていたら受験も少し違ったかな?」なんて思ったりもしましたが…、まあきっとそんなに結果は変わらなかったでしょうね(笑)

 

 

バンバン番宣が出ているので、阿部寛さんの姿を見る機会も増えましたが、ほんと阿部寛さんって、歳を取りませんよね~!今でもそんなに変わらない気がします(笑)

 

個人的に懐かしくなったので、観る前にストーリーを振り返ってみました!

 

 

「ドラゴン桜」のあらすじ


元暴走族で破天荒な弁護士・桜木(阿部寛)が、落ちこぼれ高校、いわゆるFラン私立高校・龍山高校に債権者代理として乗り込み、学校の解散と教師の解雇を通達するところから始まる。

ただ桜木は自分の弁護士としての知名度を上げる為に、高校の解散をやめ、東大合格者を輩出する進学校にし、学校を再建するという行動に出る。そこで「東大合格者を5人出す」と宣言し、東大受験のための特別進学クラスを作り、生徒たちと東大合格を目指すというストーリー。

 

「ドラゴン桜」のドラマのキャスト

当時、ジャニーズの山下智久君や長澤まさみさん、小池徹平君、新垣結衣さん、サエコさん、中尾明慶さんなど、今や皆さん有名人ですが当時は若手として生徒役で出演されています。

同僚の先生の一人に、長谷川京子さんがメインで出演されていましたが、理事長の野際陽子さんとか先生方もいいキャストだったなと思います。

 

「ドラゴン桜」の見どころ

落ちこぼれの生徒たちがどうやって東大受験まで辿りつくかも見ものですが、勉強の方針も面白いですし、桜木先生の生徒への一つ一つの言葉も、まあやや極端だったりもするんですが、結構重みがあってよかったなぁと思います。

 

f:id:babyintokyo:20210318203558j:plain

 

「バカとブスこそ東大に行け!」

 

とか、流行りましたよね。

 

「勉強ってなんでするの?」って子供に聞かれたら、まさにこれだなと思います。

少し前にニュースで時々あった、貧困で亡くなってしまった人、家庭内DVで逃げ場がなく奥さんも旦那さんがしていた子供の虐待に加担してしまった人…社会の仕組み、逃げ道、ルールをもっと詳しく知っていれば、もしかしたら亡くなる事もなかったかもしれないし、加害者にならなくて済んだかもしれないと思います。

勉強をする事=自分の身を守る事、自分が生きやすくなる事、だと私は思っているので、やはりルールも判らない中でゲームをするのは怖いし、何があるのか判らない世界で生きるのは怖いけど、ルールも何があるのかもわかった上で、この世の中で生きていれば、何かあっても「ここまでなら失敗しても大丈夫」って線引きが自分でできると考えています(この話は長くなりそうなのと、改めて纏めたいので別の機会に(笑))。

 

原作

 

インベスターZ(21)

漫画『ドラゴン桜』が原作で作者は三田紀房さん。単行本も21巻発売されており、2018年からは「ドラゴン桜2」の連載が始まったそうです。それが今回の続編ドラマの原作になるようですね。

作者の三田紀房さんと云えば、少し前に流行った成績優秀者が「投資部」で活躍し、学校の運営資金を稼ぎ出すストーリで有名になった「インベスターZ」も話題になりましたよね。この漫画も全巻買おうか凄く悩んだので、私は三田紀房さんの漫画は結構好きみたいです()

まとめ

新シリーズのキャストも次々に発表になっていますね。
現在、過去のドラマはParaviやTverで見れるそうなので、これを機にもう一度見ておきたい方はぜひ!(私も観ます(笑))

まだ4月の放送日は未定のようですが、公式HPにも色々な話題が更新されているので、是非楽しみに待ちましょう!

dragonzakura.mitanorifusa.com