ママは半人前!

国際結婚、子育てなど日々の色々、いつか娘に伝えたい事を書き綴ってます。

パワーカップルという言葉を初めて知った

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

f:id:babyintokyo:20210311233204p:plain

先日、確定申告の話をしていたのですが、世の中では「パワーカップル」という言葉があると聞きました。

パワーカップル」は海外ではよく聞く言葉でしたが、日本でもいつの間にか市民権を得ていたのですね。

テレビとかでよく聞くようになったと友達は言っていたのですが、興味のあるドラマとかしか観ない私は全然知らなかったです。

 

なんとなく友達にあまり突っ込んで聞くのも気が引けたので、自分なりに調べてみました。

 

 

 

パワーカップルの定義

  • 夫婦共に高収入(年収700万円以上)であること
  • 世帯収入が1000万円以上、かつ正社員
  • 夫の収入が600万円以上、妻の収入が400万円以上(三菱総合研究所のレポートより)

 

イメージ先行の言葉かと思ったら、結構厳密な定義があるんですね。

 

でも、妻400万、夫600万だったらフルタイムで共働きしていけば、都内には結構普通にいそうな気もしますね。

 

パワーカップルの動向

ネットを見ると「パワーカップル」の動向として三菱総合研究所が定義しているものは

 

  • 月間消費支出総額が夫が殆ど稼ぐ1馬力世帯の約1.4倍
  • SNSなどの情報発信に積極的、インフルエンサーの役割
  • 新商品への感度が高い
  • 「時短」、「外注」サービスを積極的に利用
  • 都心に暮らす(職場ー住居(ー保育園)を近場で済ます)
  • ホームパーティーを開く
  • 海外旅行に行く
  • ジムに通う

 

が挙げられている。

www.sankei.com

 

私の周りは比較的浪費家(結婚したのが遅いから?)が多い気がするので、なんとなくそれはわかる気がします。
収入が増える分、支出もそれなりに増えている人がなんとなく多い気がします。

 

パワーカップルと言われる、うちの実態(笑)

 

うちは気づけば結婚前に一緒に住み始めた頃から、パワーカップルでした。が、全く自覚はありませんでした←というより、この言葉を知りませんでした。

 

パワーカップルという言葉を知り、昨日、旦那に上に書いたように調べた条件を話し

「私たちも世間ではパワーカップルみたいだよ」

って言ったら

「あんまり関係ないよねw」って感じの興味のないリアクションでした。

 

確かに都心に暮らしていますが、新商品にそこまで興味もないし、外注もなし。

外注は強いて言えば保育園とAmazonかな?

海外は旦那の実家があるので、里帰りで行かざるを得ないですし、ホームパーティーも確かにやっていますが、いわゆる“セレブ”っぽいハワイとかでもないし、ゴージャスなホームパーティーでもありません。

 

旦那は年に1着も服を買わないこともありますし、私も最近は捨てる服の方が多い感じです、またそんなに贅沢するほど余力もないというか、感覚は至って普通です。

 

側から見たら違うのかもしれませんが、子供も習い事もまださせていないですし、そんなに特別変わった事はしてない気がします。

 

パワーカップルのイメージ

パワーカップルについて調べた時に目に入ってしまったのですが…

 

パワーカップル」って入れると、候補検索に

 

定義 年収 ずるい

 

って出てきました…。

 

定義と年収は私も調べましたが、ずるいっていうのはちょっと笑っちゃいました(笑)

 

たしかに数字だけ見ると、余力はある気もしますが、先ほど書いたように、うちはお互いが仕事と子育てに忙殺されていて、なかなか自分の時間や家族の時間がありません。

家族3人で顔を合わせるのは平日の朝15分くらいしかないので、気持ちにもあまりゆとりがない気がします。
コロナで一時期在宅勤務をしたときにも、共働き+3歳の娘がいたので、それはもうてんやわんやでした。結局、私が昼間は娘の面倒を見て、夕方から深夜3時ごろまで仕事をするという鬼の様なスケジュールで生活する羽目になり、保育園のありがたみを感じました。

コロナの時期の生活については、こちらに書いてあります。

 

babyintokyo.hatenablog.com

 


私は仕事も好きなのですが、正直、このペースで仕事をしていたら、定年まで体力は持たないと思いますし、子供と過ごす時間もない、仕事以外のことができる時間が極めて少ないので、できれば収入が少し減ってでも、もう少し労働時間は減らしたいなと考えていますが、それも贅沢な悩みなのかもしれませんね。