ママは半人前!

国際結婚、子育てなど日々の色々、いつか娘に伝えたい事を書き綴ってます。

イヤイヤ期 どうする?朝の時間、保育園登園までの過ごし方

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

f:id:babyintokyo:20210223203039p:plain

産後、育休後に仕事復帰すると、自分のことだけでも精一杯なのに子供の登園も入り、朝は予想以上にバタバタすることになります。


自分だけだったら「その分、早く起きればいいか」で解決しますが、子供が一緒だと本当に思うように行かないですよね。
本当、毎日が予想もしないことだらけです。

子供の月齢にもよりますが、まだまだ夜泣きをすることもあるし、ゆっくり身体を休めることができない時もありますよね。

 

生後5ヶ月でフルタイム復帰した私が、比較的効果が高かったものの中で、今回は「子供の洋服は小さい頃は前日に、イヤイヤ期になってきたら2セット用意して選ばせる」を紹介します。

 

 

前回の記事「(自分の)着る洋服は前日にほぼ決めておく」はこちら。

 

babyintokyo.hatenablog.com

 

 

イヤイヤ期は子供の洋服も前日に決めておく

保育園に行くようになると、だいたい着る服は固定されてきます。

オムツ替えをしているうちは、脱がせやすくて汚れてもいいもの、できれば上下分かれているものを推奨されると思います。

 

保育園の中は、裸足で過ごせる程度の温度設定になっていることが多いので、冬は寒くてもトレーナーやセーター、中に着る肌着、ズボン、春・夏は長袖や半袖Tシャツにレギンスと言った感じの服装が簡単で良いと思います。

 

また、お着替え用の服のセットは最初からゴムで止めるなどセットにしてまとめておくと、パパに持ってきてもらうのも楽で良いと思います。

 

イヤイヤ期が始まってからの洋服の選び方。

 

1歳を過ぎてくると、イヤイヤ期が始まる子もいます。

それまでは親が選んだ服を何も言わず着てくれますが、イヤイヤ期に突入すると朝の出かける前の時間が本当に戦争のようになります(笑)

 

なので、洋服を2セット用意して、朝、子供に「今日はどっちがいい??」と選ばせるようにしていました。もちろん機嫌が悪いと、「どっちもイヤー!!!!」って洋服を投げて泣くこともありましたが、機嫌が良い時はそれで比較的うまくいっていました。



うちでは、朝、選ばなかったセットを保育園のお着替え用として持たせていましたが、特に問題はなかったようです。と言うのも、
保育園では先生方やお友達もいるので、素直にいい子で過ごしてくれることが多かったです…保育園に行っている子供特有なのでしょうか?うちの子はまさにそのタイプでした。

 

2歳半、3歳以降の朝の洋服の選び方

 

特に女の子の場合は、自分なりに洋服の好き嫌い、好みがはっきりと出てくる子もいます。

うちの場合が、まさにそれでせっかく買っても着てくれない洋服も結構ありました

 

なので、靴下、肌着、下着、上着、ズボンと引き出しの中をきちんとカテゴリーに分けて、自分で2枚ずつ選んでもらうようにしました。4歳の今も、朝起きたら自分で洋服を選ぶようにしています。

子供がコーディネートすると、全身ピンクの林家パー子状態とかうちではよくありましたが…(笑)細かいことを言ってられなかったので、そこはあきらめて過ごしています。

 

冬のコートの選び方

 

保育園ではフード付きの上着は安全面の理由から禁止されているところが多いので、フードの付いていないもの、もしくは取り外しのできるものを選びましょう。

 

また、保育園では長袖Tシャツと言った薄着で過ごすことが多いので、コートで調整する方が楽かなと思いました

 

春・秋用に薄手のコートやカーディガン、少し寒くなった冬にフリースのジャケット、真冬用に中綿やダウンのコートなどで調整すれば、子供の洋服選びを本人に任せてもそれほど問題が起きないことが多かったです。

 

また、保育園ではお散歩に行く時の為に置きジャケットをすることがあります。うちは、汚れても破れたりしても気にならない、ユニクロやH&Mなどで揃えていました。

 

まとめ

f:id:babyintokyo:20210322112105j:plain

 

仕事復帰してからの朝の出掛け前は、本当に戦争のようです(笑)

赤ちゃんの時も大変ですが、イヤイヤ期が始まってからの朝の登園までの時間は本当に毎朝がぐったりするほどの日々を過ごすこともあると思います。

うちは、どうしても娘が洋服を嫌がり、そもそも保育園に行くことを嫌がり、パジャマのまま保育園に連れいったことや、おむつ1枚で上だけ着せて連れて行った事もありました(笑)

 

「ごめんなさい。この服、後で着させてください」とお願いすれば、対応してくださる温かい先生方に恵まれた事もありますが、その時は大変でも何とかなるもんです!

またうちの子の場合は、保育園ではあまりわがままをすることも少なかったようですが、その分、家では甘えたいのか、本当にイヤイヤ期は手を焼きました(涙)

 

ただ先生もおっしゃっていましたが、イヤイヤ期は必ず終わりが来ます。

子供なりに寂しいのを我慢して昼間は頑張っているんだと思います。なので、仕事から帰ったらたくさんスキンシップをして甘えさせてあげてください。イヤイヤ期が終われば、本当にたくましく、頼もしい子供に変身しますので!


うちは1日のスケジュールをほぼ固定化していました。
共働き子育て世帯の方は、よかったら参考にしてみてください。

 

babyintokyo.hatenablog.com