ママは半人前!

国際結婚、子育てなど日々の色々、いつか娘に伝えたい事を書き綴ってます。

アトピーに処方される、ヒルロイドローションに規制がかかっていた話

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

前にも記事にしましたが、娘はアトピーで皮膚科にかかっています。

 

最近、病院を変え、処方された薬も変わったら、かなり状態が良くなってきたのですが…

 

 

昨日、娘の皮膚科に行った時に、

先生と話す前に助手?の方に簡単なヒアリングをされるのですが、残りの薬の量を聞かれた時に、3週間前に処方されたヒルロイドローションが「もうほとんどない」と話したら、

 

ヒルドイドローション

f:id:babyintokyo:20200322122555j:image

 

「なんで、もうそんなないんですか??」
「もう出せませんよ‼️市販の買って下さい!」

 

と、なぜか感じの悪い対応…。

 

「市販のを買うのは構わないので、
どれを買ったら良いか銘柄を教えて下さい。
ただ処方しておいて、ちゃんと塗ってただけで、こういう言い方をされるのは非常に不快です。」

 

って話をしてたら、慌てて院長の女医さんが飛んできまして、

どうもこのヒルロイドローションが、
美容に効果があるって噂が広がり、
医療費無料の子供を使って大量に処方してもらう母親や、保険を使って大量処方してもらい転売する人達がいたらしいです。

 

現在は、規制で1ヶ月3本までしか処方できないとか…。

 

嘘かと思って調べてみたら、本当にそういう騒動があったみたいです。

 

f:id:babyintokyo:20200322122432j:image

 

出典 https://gemmed.ghc-j.com/?p=16631

 

しかも、医療費押し上げ約60億円とか…

これは本当に頂けないですね…。

https://answers.ten-navi.com/pharmanews/11398/

 

市販で類似物質の製品があるわけですし、自己の欲求のために医療費を使うのではなく、もう少し社会全体のことを考えられる人が増えてほしいですね…。

 

 

自分の美容の為に子供を利用する母親とか、
そもそも子供の皮膚の為に処方されたのを自分が使うとか…思いもつかなかった…

 

というか、そもそも美容に良いなんて知りませんでした。

 

 

日本アトピー協会が、アトピー患者さんなどに向けて、ペパリン類似物質製剤の処方制限に反対する署名をやっているようです。

 

http://www.nihonatopy.join-us.jp/formmail/voice.html

 

とりあえず、類似物質の入ってるクリームを買いましたが、本当に必要な人にはちゃんと処方する様に医療側が徹底すれば良い話ではないのかな?

 

なんでこんなおかしなルールができたんでしょうね…。

 

今回買った、ペパリン類似物質の入ったクリーム。とりあえず効果の程は、使ってみてから報告します。