さあ、上を向いて歩こう!

最近はダイエットブログ、自分の覚書のようになっていますが…ハーフの子育てをメインに、仕事、結婚、生活など日々の色々を

アトピーについて【3】

スポンサーリンク

前回の続きで、中止していたステロイドを再開することにした後の話です。

 

 

中止後のステロイドの再開

再開するにあたり、今までは通っている皮膚科の先生の指示の下、ステロイドや保湿を行ってきましたが、再度、きちんと勉強?し、納得してから使用することにしました。

 

さまざまな書籍もあり、またネット上にも色んな皮膚科医の文献やページがあるので、とにかく色々読んでみました。

 

アトピー性皮膚炎は、昔より増加している?ステロイドの賛否、誤解?とにかく色々なページに目を通した上で、いくつか脱ステロイド前の使用の仕方を、変える事にしました。

 

 

ステロイド再開にあたり、変更した点
 

  • 塗る順番
  • 保湿に使用していた、ワセリンを少し変更。

 

塗る順番

これまでは、先生の指示の下、保湿後→ステロイドの順に塗っていたのですが、色々調べていると、ステロイドが先で保湿を全体にというのが、多くみられた事、またステロイドを患部に先に塗る方が説得力もあったので、変更してみることにしました。

 

特に決定的だったのが、保湿←ウチの場合はワセリンを先に塗ると、ワセリンの油分があり、ステロイドが患部に効いているのか?前から疑問だった事、また赤くひどい個所に最小限のステロイドを塗り、周りの乾燥した部分等は、保湿クリームを塗る事で、ステロイドが周囲にも混ざって広がる方が効果的、かつステロイドの使用もトータルして減るのではないかと考えた事です。 

 

保湿に使用していたワセリンを少し変更

 

ワセリンを塗ると、うちの子には体温が上昇する感覚与えているようなのと(塗ると暑がる)、ベトベトした使用感の為、塗る時に少し力が入り、患部に刺激がありそうな為、ワセリンに少しだけヒアルロン酸の原液と、ベビーローションを混ぜて伸びを良くして使用する事にしました。

 

ステロイド再開後の経過

初日は、とにかく全体的に乾燥と掻き毟った状態だったので、酷いところに薄く塗り、保湿をしっかりしました。

 

入浴後の19時ごろ、夜中痒がった時(24時ごろ、2時半頃、明け方)全て同じ方法で対応しました。

 

翌日は、全体的に酷かった赤みが一気に患部、特に脇の辺り、膝の内側、膝の裏側等が、少し広範囲で赤く残る程度に治りました。

 

その為、翌日はステロイドを塗る箇所を患部に限定し、とにかく保湿を中心にシフトしました。

 

保湿は、ワセリンの伸びも良くなったので、夜中、痒がって起きた時には、特に全身にマッサージがわり?に塗ってあげていました。

 

本人も痒がっていますが、やはり眠けも強い分、気持ちよさそうにすぐにまた寝ていたので、それなりに掻き毟りを防ぐ効果もあったようです。

 

 

【第3類医薬品】日本薬局方 白色ワセリン 500g

【第3類医薬品】日本薬局方 白色ワセリン 500g

  • 発売日: 2006/11/22
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品