上を向いて歩こう!

仕事、結婚、生活など日々の色々を

子供が巻き込まれる事件の怖さ

子供が巻き込まれる事件の多さ

 以前から子供の虐待や子供が被害にあうニュースに心を痛めていましたが、子供が生まれてからというもの、そういったニュースを見るたびに、吐き気というか気分が本当に悪くなり、チャンネルを変える事が多くなりました。

 

 虐待は自分自身の問題なので防ぐ事は出来ますが(もちろん、こんな可愛い我が子に絶対そんなことできませんが)、被害者として事件に巻き込まれる事については色々考えさせられる事が増えました。
 

 うちは娘なので、これからもっともっとたくさん心配する事になるだろうと思ってはいますが、親としてどうやって守っていく事ができるのか、子供にどのように躾をする事で安全を守っていけるか、本当に課題だなと感じています。

 ※ 具体的な描写はありませんが、余り読んで気分の良い記事ではないかもしれませんので、上に書いたようにニュース等をみて気分が悪くなる方は、この先は自重してくださった方が良いかもしれません。

 

最近読んだ本や記事

 そんな中、最近読んだ本や記事に少し気になるものがあったので、紹介します。



 1つ目は「殺人犯はそこにいる」です。


 たまたま書店で「文庫X」と呼ばれる「中身の見えない本」を手に取り、読んでみたのがこの本でした。

 「桶川ストーカー事件」を追った記者、清水 潔さんのルポなのですが、この記者による執念の取材であの有名な「足利事件」の菅家さんを冤罪、釈放へと導かれています。その後、足利事件を含むその当時に起こった関東近県の少女誘拐・殺人犯の真犯人を特定するも、警察は動かない、と云った内容です。
 
 もちろん記者のルポなので、事件に迫っていく取材の過程や真実に近づく件がメインではあるものの、今も真犯人と思われる人物が普通に生活をしている事に恐怖を感じました。

 

殺人犯はそこにいる (新潮文庫 し 53-2)

殺人犯はそこにいる (新潮文庫 し 53-2)

 

 


 2つ目はオンラインの記事なのですが「女児誘拐男が語る「また必ずやる」の恐怖 
もっと注目されるべき衝撃の告白」という記事です。

president.jp


 こちらもたまたまタイトルが気になり読んだものの、やはり性犯罪者や子供を対象とした犯罪者の再犯率の高さを裏付けるような内容でした。

 国によっては、こういった前科(特に性犯罪者や幼児犯罪者)のある人たちの情報は開示されているそうですが、日本はなぜ開示されないのか、この記事で告白している植木義和は自ら出所後のイタズラを告白、「私はまた必ずやる」と実名、しかも顔を出して告白しています。

 正直、この記事を読んだおかげで(?)、この人については周囲の人も顔を覚えたり、気をつける事ができるかもしれませんが、この記事内にある



週刊新潮』(9月28日号、以下『新潮』)によると、

「警視庁の最新の調査によると、12歳以下が被害者の暴力的性犯罪認知件数は16年の1年間で989。一日3件弱の計算となる」という。

闇に葬られる件数はこの数倍、否、数十倍にもなるはずだ。あなたの子どもや孫の身にいつ起きても不思議ではない、今そこにある危機である。

 

に当てはまる事件から自分の子供を守るには、何をしたらよいのか…。


 またこの記事内で紹介されている本も少し興味があるので、冷静に読める時に読んでみようと思っています。

 

 ノンフィクション・ライターの河合 香織氏の『誘拐逃避行』(新潮社)

この記事で告白している犯人が起こした事件は、保護された女児のほうから「家に帰りたくない」「沖縄に行こう」と容疑者を誘った、女児を不幸な環境から救い出した?と云った不可解な面から、同氏が拘置所にいる植木と面会や手紙でのやりとりを重ねを出版していた本です。が、正直、記事内で見ると気分が悪くなりそうな描写もありそうです。

誘拐逃避行―少女沖縄「連れ去り」事件

誘拐逃避行―少女沖縄「連れ去り」事件

 

 


 ノンフィクション・ライター吉田タカコ氏の『子どもと性被害』(集英社新書  

子どもと性被害 (集英社新書)

子どもと性被害 (集英社新書)

 

  

 

親としてできる事、考えていきたい事

 自分の子供や身近なお子さんがこうした事件に巻き込まれる事は、本当に想像もしたくない悲劇です。
 

 正直、余り気分のよい内容ではないので、記事にするかすごく迷ったのですが、子供を持つ持たないに関らず、社会全体で大人が子供たちを守っていかなくては…と思ったので、感情ばかりでまとまりがないものの書きました。

 「今、具体的に自分にできる事って何だろう?」と、まだ答えは全然出ませんが、知る事、対策をする事で、少しでも可能性を減らせるなら、大切な自分の子供を守る為に、親である自分たちが精一杯守って行かなければならないと感じました。

 子供が巻き込まれる事件の怖さ、周囲の大人が気付き、どうやって防いでいけるか…他にも色々と深く考えさせられました。 少子化核家族化が進む現代、社会全体としてもっと真剣に考えて行きたいなと感じる問題でした。

 

 

スタイ・ビブ・よだれかけ

出産後の準備をしている時、ビブも数枚用意するように書いてありますが、種類もたくさんあるし、どれを用意して良いのか全然わかりませんよね。

 

私も、出産前に色々調べて買ったものの、結局無駄になってしまったもの、ほとんど使わなかったものがたくさんあるので、私なりに厳選して紹介しようと思います。

 

ビブ(よだれかけ)の種類

ビブ(よだれかけ)が必要になるシチュエーションと、用途で機能やデザインが少し違うのでそれから紹介したいと思います。

 

  • 涎で洋服を濡れないようにするビブ

これが1番スタンダードで、初めての赤ちゃんの時に、1番最初に想像するものだと思います。

所謂、スタイと言われているタイプです。

赤ちゃんは時期によって、たくさん涎が出るので、そういう時にはこちらのスタンダードなタイプを使う事が多いです。

 

外出用にも使うので、最近はオシャレでファッション性の高い物も多いですが、涎が酷い時には、本当にあっという間にビチョビチョになってしまい、洋服にも沁みてしまうので、機能性も結構大事です。

 

涎は個人差が激しいので、歯が生える前まて全然出ない子もいれば、かなり出る子もいるようです。

生まれてすぐは必要ないので、生まれてから用意しても十分間に合います。

 

素材やデザインは様々で、こちらが1番種類が多いかもしれません。

 

 

個人的には、お祝いで頂いたマールマールのスタイが1番出番が多いです。

お出かけにもオシャレで可愛いですし、裏側が防水加工が少しですがされているので、少し濡れても360℃クルクル回せるので、頻繁に交換しなくても済むのもいいです。

が、涎の多い子だと、防水加工が物足りないかもしれません。

 

 

 

 

 バンダナタイプは、殆どオシャレ目的が強い気がしますが、少しの涎でしたらこちらで防げると思います。

スタイを変えるだけでイメージが変わるのもいいですよね。

 

 

 

 

涎が多い子は、正直上の2つでは余り役に立たないかもしれないので、防水タイプのビブがおすすめです。

これだと、ミルクを飲む時にも併用できるのでその点ではオススメです!

 

 

  • ミルクが洋服に溢れるのを防ぐ為のビブ

母乳で授乳をしている時はそうでもないのですが、特にミルクを哺乳瓶を使い授乳をする場合には、結構、口の横からミルクが漏れたり、吐き戻したりするので、このビブはほぼ必須と言っても良いと思います。

 

生まれたばかりの時は、ガーゼ等で代用できますが、最初は3時間に一回の授乳があり枚数が必要です。

このビブは、特にミルクで授乳を考えている人は早めに用意しておいた方がいいかもしれません。

 

素材は裏側がビニール素材になっているもの、タオル地、綿、オーガニックコットン、ガーゼ等、色々あります。

 

基本的には、上の涎の多い子のビブと同じようなタイプを使うと良いと思います。

 

  • 食事用のビブ

離乳食が始まるようになると、液体だけでなく固形物や液体、油物やソース系を防ぐ、食事用のビブが必要になります。

落下した食べ物や液体をキャッチする、ポケットや受け皿が付いていて、大きく、袖がついているものや防水素材のものが多いのが特徴です。

 

素材は防水のポリエステル系やプラスチック、シリコン系など色々あります。

 

うちの子は、口の周りを汚して拭き取られるのが嫌いなようで、余り汚さなかったので、洗濯がラクで、持ち歩きもラクなバンキンスをメインで使い、旅行先等では防水紙の使い捨てタイプを使いましたが、周りを見ると、シリコン系を使っている人も多いですね。

 

 

 

 

 

使い捨てタイプは、旅行先やお出かけ先で汚れたビブを持って帰ってこなくて良いので、とってもオススメです。

ちょっと高いですが、帰宅後、哺乳瓶やマグ、スプーン等を洗うだけでも面倒臭い人にはいいと思います。

 

 

シリコン系はまだ使った事がないのでコメントできないのですが、長く使う事を考えると耐久性、コスパは1番良さそうです。

 

 

 まとめ

赤ちゃんによって全然違うので、どのタイプが何枚必要というのがわからないのが大変ですが、お祝いで頂いたりすることも多いので、出産前に無理して用意する必要はないかなと思います。

 

事実、うちには余り使わないスタイがたくさん未だにあります…(もう少し大きくなるまでは使う時があるかもしれないので、取っておこうと思っていますが…)。

 

離乳食が始まってからのお食事用のビブは、必ず必要になるので、涎かけの用途は少し待っても良いかもしれません。

 

特に保育園に行く予定がある子は、保育園では洗い替えも必要だったりするので、入園時期によっても結構必要なものの枚数が違ってきたりします。

 

最悪、数日ならガーゼやタオルでなんとか凌げるので(笑)、焦らず見極めをオススメします。

 

 

 

赤ちゃんの虫除け

夏が近づくと、公園とかお散歩とかが気持ちの良い季節になってきますよね。

 

特に夏休みには、夏祭りとか花火大会とかお出かけしたいイベントも盛りだくさんです。

個人的には代々木公園のイベントも好きなのですが、少し前にデング熱とか騒がれたのでやっぱり虫刺されが心配で…

 

ネットで調べるとハッカ油の虫除けスプレーの作り方が結構出てますよね…。

しかし、とっても面倒臭い!!

 

なので、私は、北見のハッカ油やドラックストアで買えるハッカ油をスプレーして代用してます。

 

目に近かったりすると痛いので、ベビーちゃんに使う時には自分の手にスプレーしてローションやクリームで薄めたものを、お肌に伸ばして塗ったりしていますが、なかなか効果を発揮しています!

 

口に入っても安全って言うのと、携帯に便利、余っても仕事中の眠気覚ましとか(笑)、使い道があるので意外と重宝してます。

 

北見のハッカ油←個人的にはこっちの方が好き!

f:id:babyintokyo:20170825002745j:image

 

ドラックストアでよく売ってるハッカ油

 f:id:babyintokyo:20170825002752j:image

 

ベビーカーに乗ったままで、長時間外にいる時には、特に赤ちゃんは動かないし、体温が高いので蚊の餌食になりやすいので、酷い時には服の上からも刺されてしまうことも…。

 

服を着る前にある程度の全身に塗って、香りが消えたら、露出している部分の肌にはまた追加で、洋服にはハッカ油のついた手で洋服を押さえるように香りをつけたりしています。

 

 

北見ハッカ通商 ハッカ油ビン 10ml スプレー

北見ハッカ通商 ハッカ油ビン 10ml スプレー

 
北見ハッカ通商 ハッカ油セット  12ml×2本

北見ハッカ通商 ハッカ油セット 12ml×2本

 

 

 

市販の赤ちゃんにも大丈夫な虫除けスプレーやローションもありますが、何となくお肌に刺激が強そうなのと、舐めてしまった時に何となく心配で…。

 

結局、ハッカ油スプレーを買ってからは、以前買ったものは私が使っています(笑)

 

虫よけキンチョール パウダーイン シトラスミントの香り 200mL (蚊 ブヨ マダニ)

虫よけキンチョール パウダーイン シトラスミントの香り 200mL (蚊 ブヨ マダニ)

 
チュチュベビー 薬用 虫よけミストタイプ 150ml

チュチュベビー 薬用 虫よけミストタイプ 150ml

 

 

ハッカ油は、結構香りがキツイので、好き嫌いもあるかもしれないのと、つけた直後に電車とか密室は周りの人にも気を使うので、そう言う時には市販の虫除けと上手く使い分けても良いかもしれませんね。←荷物が増えますが(笑)

 

 

赤ちゃんの便秘とミルクの関係

赤ちゃんの便秘に困っていませんか?

もちろん赤ちゃんそれぞれに、その子その子のペースがありますから、何を持って便秘というのかは難しい所はありますが。

 

うちの子は新生児の時は2、3日に1回のペースだったのですが、一日に何回もうんちが出る赤ちゃんのいると聞いて、ビックリしたのを覚えています。

 

目安としては、1日1回はちゃんと出ていれば、とりあえず優秀!という感じみたいですね。


どうしても粉ミルク育児だと、便秘がちになるベイビーが多いと聞いたので、うちも殆どミルクだったため、色々便秘対策はしました。

 

 

うちの子の場合

 正直、あまり優秀とは言えない状況で、3日出ていない時には何となく不安になってしまい、お腹マッサージとか水分補給、綿棒浣腸をしていました(笑)

 

お腹マッサージ


お腹マッサージは、おへその周りを押さずに優しく2、3本の指で時計回りにマッサージ!
クリームを指先につけると、指がすべすべするのとお肌の保湿代わりになるので、何となく鼻歌を歌いながらやっていました。

正直、効果の所は微妙だった気がしますが(笑)

でも、娘がニコニコ気持ちよさそうにしていたので、スキンシップやリラックス効果(赤ちゃんのお肌はすべすべなので、ママのリラックス効果も大きいかもw)がある気がします!

個人的には少しお高めだけど、ヴェレダのローションとアラウ ベビーのローションを使っていました。
アラウはボディーウォッシュと揃えて買っていたので、香りも混ざらないのがGOOD!
ヴェレダはお高めですが、自分がメインで使っていました(笑)

 

ヴェレダ カレンドラベビーミルクローション 200ml

ヴェレダ カレンドラベビーミルクローション 200ml

 
arau. アラウベビープラス モイストローション 120ml

arau. アラウベビープラス モイストローション 120ml

 

 

水分補給

 

じつは、これが本当は一番大事だったかもしれないのですが…(笑)


子育て初心者の私はミルク=食事+水分補給と勘違いしておりまして…

授乳や粉ミルク以外に水分補給はさせていませんでした。

基本的に、水とか特に飲ませなくてもよいと育児本にも書いてあった気がするのですが、ある程度の時期になったら飲める麦茶とかが存在するのは、その為だったのですね(笑)
←ずっと、「なんでこんなに早い時期から飲めるって、わざわざ記載してあるんだろう?」って勝手に不思議に思っていました!


子育て経験者に麦茶の事を聞いた時には既に遅し?すっかり味が好きではない様で、アクアライトとかジュース系でないと、なかなか飲まない子になってしまいました…。

 

でも、便秘にはやはり水分補給は効果あるので、哺乳瓶で御白湯を飲ませて上げると良いと思います。

 

 

綿棒浣腸


本日のメインイベントやってきましたw
綿棒浣腸!これね、正直初めて聞いたときはびっくりしました!
が、結構、好きでしたね…

娘も結局、これが一番すっきりするみたいで…
でもやり過ぎると、自力で排便をする訓練ができなくなってしまうので、
どうしても出ないときにやってあげると良いと思います。
←うちは3日以上を目安にしていました。

やり方は、綿棒の綿の部分とその少し先までワセリンやベビーオイルを塗り、ベビーちゃんの肛門に綿棒の先の部分を入れ、クルクル回してあげるだけです。

そうすると、お尻が刺激されるのかすぐに便意がもよおす事が多かったです。


ちなみに、気をつけた方が良い事!は

  • 何度もやり過ぎない!←自力排便をあくまで即すだけ
  • やさ~しく!深く入れ過ぎない!←お尻を傷つけないように
  • おむつを敷いた上で!←時々、直ぐにもよおす事がwその時には、おむつをそのまま蓋をして全部出し切るまで待ってから処理を!

くりくり回した後の綿棒の先に、う〇ちらしき色がついているときは、
比較的すぐに出る事が多いですが、何もつかない時にはすぐに出ない事もあります。

その時には、焦らず翌日またトライしても良いかもしれません。

ベビーオイルよりもワセリンの方がお尻が痛くなさそうだったので、お尻には純度低めの安いヴァセリンを使用、綿棒は赤ちゃん用だと細すぎる気がしたので大人用を使用していました。

 

綿棒は清潔に使いたかったので、こちらを購入。
外出時にもすぐに切り取って持っていけるので便利です! 

FC パック入綿棒 120本入

FC パック入綿棒 120本入

 

 

 
ヴァセリンはこちらのどこにでも売っている安いのを(笑)
下のピンクの方がほんのりベビーパウダーみたいな香りで、なんとなくこちらを愛用。

 

赤ちゃんのお肌には、純度の高い白色ワセリンを使っています。

ヴァセリン オリジナルピュアスキンジェリー 200g

ヴァセリン オリジナルピュアスキンジェリー 200g

 
ヴァセリン ペトロリュームジェリー ベビー(並行輸入品) 368g

ヴァセリン ペトロリュームジェリー ベビー(並行輸入品) 368g

 

 



 

離乳食の冷凍保存

産後、やっと子育てのペースも掴めて来て、

やっと気持ちにも余裕が出てくると、

あっという間に生後6ヶ月!!

 

そう!離乳食の時期がやって来ますよね…。

 

 

じつは、離乳食がよくわからず、少しでも後回しにしたくてグダグタしていたのですが、職場復帰をする予定のある方は冷凍保存がオススメです!

 

まとめて作る習慣をつけておけば、夫に頼んだりもラクだし、疲れて帰ってご飯を心配する必要もないので本当にラクです!

 

最初はなかなか慣れずに戸惑う事も多いですが、慣れてしまえばなかなか楽しいです!

 

ちなみに私が色々買って見て、お世話になっている離乳食冷凍ケースはこちら!

 

 

 

色々他の製品も試して見ましたが、とにかく安くて軽くて、違う容量のトレーも重ねる事が出来るので便利です!!

 

蓋が取れるのもポイントが高い!!

 

私が実際に冷凍に使用してるのはこんな感じ。f:id:babyintokyo:20170819012840j:image

 

f:id:babyintokyo:20170819012858j:image

 

上が50mlで、下が25mlで容量は違うのですが、

蓋をして重ねることが出来るので便利!!

※ 写真の離乳食は後期の3回食の頃です。

 

 

こうやって作り置きをする事で、

日々のちょっとした時間短縮になるので助かります!

 

そして1つずつ容器から出して、

こちらのケースに入れて冷蔵庫内で解凍した後電子レンジか、

もしくはそのまま電子レンジにかけてます!

 

 

ちなみに冷凍する時には必ず電子レンジをかけるので、

毎日サランラップを大量に消費するので、

私はこちらのケースを購入しました!

 

蓋をしたまま電子レンジできるので、とーっても便利です。

 

 

 

離乳食は、レシピを参考に適当に自己流で作っていますが、作り置きの記事はまた今度!

 

 

離乳食と格闘中のママ達、頑張りましょう! 

 

冬の夜間授乳には肩当てがオススメ!!

赤ちゃんが小さいうちは、授乳回数も多いですし、月齢が進んでも夜中に突然赤ちゃんが起きてしまって、授乳をしなければならない事も結構ありますよね。

母乳育児をしていると、風邪もひけないですし、特に冬は部屋も寒く辛いですよね。

 

先日までは寒さもそれほどでもなく、枕元にカーディガンを置いて授乳時には羽織っていたのですが、さすがに今週末はあまりの寒さにこのままでは…と対応しました。

 

脱ぎ着がラクで場所をとらず暖かい、授乳時期が終わっても使えるものがいいなと思っていたのですが、結局「肩当て」を買うことにしました。

元々冷え性だったので、冬は寝ていても肩や首周りがスースーしていたのと、前を開ければ授乳もできるし、最初から着て寝れば羽織らなくて良いのもポイントでした(要はズボラな私にピッタリでした)。

 

素材はダウンや毛布タイプ等、色々ありますが、私は子供のよだれがついたり、汚れても気にならないフリースの安いのにしました。

若干、滑りが悪いので最初の数日は寝ている時に若干気になりましたが、今は慣れて気にならなくなりました。

 

来年の冬には授乳も終わっているし、子供がちゃんと夜を通して寝てくれるようになっていたら使わないかもしれませんが、そんなに高くないのでオススメです。

 

TOYOBO マイクロファイバー肩あて 8663

TOYOBO マイクロファイバー肩あて 8663

 
フリース肩掛け ブルーグレー

フリース肩掛け ブルーグレー

 

 

 

 

 

赤ちゃんの爪切り

子供が産まれ親としてたくさんの「初めて」に直面しますが、慣れるまでおっかなびっくりする事のひとつが「赤ちゃんの爪切り」でした。

未だにおっかなびっくりですが、最近少しだけ慣れてきたので、自分なりのおすすめや反省点をまとめておきます。

 

爪切りの種類

赤ちゃん用の爪切りは、通常の爪切りの小さい版、やすりタイプとハサミが主なタイプだと思います。

最初は何となく普段使い慣れている、通常の爪切りタイプを使い、ネットで読んで赤ちゃんが寝ている時に切ったのですが、ある日子供の指先を誤って切ってしまうという大失態をしてしまい、今はハサミタイプを主に使っています。

持っているのは下のセットです。

 

爪を切っていた時の失敗

前述した、子供の指先を切ってしまった件ですが、最後の授乳前の少し灯りを落とした深夜だったのですが、親指の指先をざっくりやってしまいました。

感触的に「あれ?」って思った時には既に遅く、ざっくり行ってしまってまして…子供は今までに聞いたことのない大声で号泣…しかも結構流血したので、私も半分パニックに。必死に手を心臓よりも高く上げ、タオルで止血しつつ、なぜか指を反射的にしゃぶってしまいました(今思えば、ばい菌が入らなくてよかった)。

血が止まった後は流水で流し、指しゃぶりも始まっていたので、とりあえず絆創膏を付けて寝ました。

結構深く切れてしまった気がしたので(怖くて傷口は余り見れませんでした)、念の為、翌日小児科で診てもらいました。先生からは「よくあるんですよ。みんな一度はやっているから大丈夫」と言ってもらい、少しほっとしましたが、前の日の夜は何度も何度も子供に謝り、ショックで余り眠れなかったです(笑)

ちなみに絆創膏はしない方が良いそうで、また傷の治りが本当に早くてびっくりしました。赤ちゃんの細胞分裂は驚異的な速さですね!

正直、少しの間トラウマで爪を切るのが怖かったのですが、あまりにも伸びて来たのでそんな事も言ってられず…克服しました(笑)

 

爪切りの意外な方法

じつは赤ちゃんの爪って柔らかいんですよね。失敗した原因に自分の誤解があったような気がします。

義母から教わった方法は、爪を噛む方法!!日本でもこれが一般的かは解らないのですが、「赤ちゃんの爪は柔らかいので、親が爪を噛む要領で噛んで切ってあげればいいのよ」ってさらっと言われた時はびっくりしましたが、そんな勇気もなくて(笑)今は焦らずハサミで少しずつ切っています。